肌年齢ってどうすればいいの?

肌年齢ってどうすればいいの?

肌の状態がよいと実際の年齢よりも若く見えます。肌年齢を老化させないポイントを抑えておきましょう。

間違ったスキンケアで肌年齢が老化!?

読了までの目安時間:約 2分

jpg

 

肌のお手入れは、女性にとって毎日欠かせないものですが、そのお手入れもまちがった方法だと肌の老化を促進し、肌年齢を引き上げてしまうことになります。

そもそも、肌は皮脂膜や角質層にある細胞間脂質のバリア機能により、外部の刺激から守られています。

スキンケアの方法が間違っていると、肌本来の持つバリア機能が失われてしまい、外部の刺激がダイレクトに皮膚に伝わることになるため肌トラブルの引き金となってしまうのです。

正しいお手入れで肌への負担をできるだけ減らしバリア機能を維持することが、肌年齢を若く保つポイントです。

正しい洗顔としっかり保湿で、肌年齢の老化をストップ!

 

肌年齢を若く保つために、肌のお手入れで一番大事なのは洗顔です。ファンデーションなどのメイクは長時間経つと酸化してくすみになりやすいため、帰宅後はなるべく早めにメイクを落とすことも大きなポイント。

普通は入浴時にメイクを落とすのが一般的でしょうが、帰宅後すぐに入浴しない時はメイクだけでも先に落とすようにしましょう。

クレンジングや洗顔時に注意したいのは、力を入れてゴシゴシと擦りすぎないこと。肌にとっていちばんよくないのが摩擦なのです。

シートタイプのクレンジングは、肌を摩擦して刺激してしまうので、肌に優しいクリームタイプのクレンジング剤でメイクを浮かせて落とすのがおすすめです。

洗顔はクリームをよく泡立て、泡をクッションにして肌に摩擦が起きないように優しく洗いましょう。

洗顔後は、肌の水分が蒸発しますので、すぐに化粧水をたっぷりつけて水分を補給します。この時も、コットンは刺激になるので使用を避け、両手でなじませるようにつけましょう。

 

この記事に関連する記事一覧

肌年齢
カテゴリ
最新の投稿